FC2ブログ

今日は夢前「夢やかた」ポタ

先週走れなかったので、今日はワクワクしながら行って来ました。
夢前ポタです。

9時半に見土呂フルーツパーク駐車場に集合。いつものようにKTさんと行くと、既に僕達以外のメンバーは来てて・・・
今日のメンバーは、ナビゲーターのNZさん、師匠、72歳のOGさん、KCさん、HNさん、大阪からNKさん、KTさんと僕の8人です。
僕達以外にも何人かのローディーがいました。

出発して、間もなくしてパンクです。生涯2回目のパンクで・・・師匠に直してもらいました。KTさんのポンプの威力にビックリ。

35km程走って、昼ご飯を食べる夢やかたに到着。

まずは前菜。


そしてメイン。真ん中に乗ってるのはアマゴの塩焼き!!(美味しかった)


最後にデザート。


帰りは、そこそこのスピードで向い風に向って走りました。

途中、平和を願って、「鶉野飛行場」跡に寄り道。


60km程走ったところで、NZさんから、陽子の手作りヨーグルトに行くとのこと。
限界間近でしたが、何とかついて行くことが出来ました。

陽子さん(真ん中)と記念撮影。


予定より、約9km長くなった、81.76kmでした。
https://pioneer-bicycle.com/record/share/17881
(ちゃんと見れるのかな・・・)
スポンサーサイト

62.5g

先週、自転車屋さんで注文していた部品が届いたので、朝から自転車屋さんに行って来ました。

自分で交換してみようかなぁと思っていましたが、開店後すぐだったこともあり、他にお客さんもなく、店と店長さんを貸切り状態となったので、交換と調整をしてもらいました。

リアディレーラー

この通り、リアディレーラーを、DURA-ACERD-7900)にしました。
これで23gの軽量化です。

ついでに、シートポストも10cmほどカットしてもらい、更に39.5gの軽量化となりました。

合計で62.5gの軽量化です。
わずかですが、これでポタナビポタナビの記事はこちら)の半分くらいが取り戻せたかな・・・

散髪ー

先週、天空竹田城ポタ(その記事はこちら)で、ヘルメットの中がムレムレ状態でヘトヘトになったので、髪の毛を切りに行きました。
で、思い切って、15年振りに短髪にしました。

散髪1

涼しい!

散髪2

その後、自転車屋さんで部品を注文しました。1週間くらいで入荷するようです。

夕方、ジョギングすると、いつもよりハイペースで走ることが出来ました。

頭を冷やすことは、良いことなのでしょうね・・・多分。

但馬まほろばポタに行って来ました。

師匠からのお誘いで、但馬方面へポタに行って来ました。
集合は、9時30分、道の駅「但馬のまほろば」(HP→http://www.green-wind.co.jp/

KTさんと7時15分頃出発。加古川バイパス、姫路バイパス、播但有料道路を走って、8時45分頃、集合場所に到着。早過ぎるかと思いましたが、すぐに、OMさんの車で、師匠、KCさん、OMさん、そして72歳のOGさんが到着。NZさんの車で、NZさん、OSさん、そして今回お初となるYSさんが到着。大阪から参加の4名も到着、最後にMCさんとOTさん夫婦も到着し、総勢15名となりました。

最初に目指すは「藤まつり」をしている、藤のきれいなところです。
(すみません、場所をしっかり確認していませんでした)
多分ここでしょう。(藤まつり

藤1
すごくきれいですね。
藤2

次は、武田城跡に向います。
その前に、昼食タイムです。昼食は「こちら山城の里」です。
師匠が予約をしてくれていたので、すぐに入れました。

食べたのはこれです。
昼食
炊込みご飯、味噌汁、漬物、天ぷら、筍と里芋の煮物、鶏肉の照焼、サラダ・・・お茶。

燃料を補給して、竹田城跡(←すごい景色が見れます)への激坂を上り、石段を登り、絶景ポイントに到着。
竹田城跡からの景色

次は、立雲峡・・・ここも激坂。今日一の激坂かも・・・
立雲峡説明図

第一展望台はあきらめて、第三展望台から武田城跡を眺めます。
記念写真も武田城跡をバックに・・・
立雲峡記念写真

36.50kmでしたが、激坂2発、それなりの坂2発、きつーいポタでした。

ポタナビデータです。
https://pioneer-bicycle.com/record/share/15084

MAJOR

OVA付漫画本を買いました。
MAJOR OVA

以前、NHKで放送していた「MAJOR」ですが、最近、BSで再放送しているようです。
MAJORのHP→http://www9.nhk.or.jp/anime/major/

僕は、テレビで放送されたものと劇場版はすべて観ましたが、放送が終了し、その後物語がどうなったのか知りたくて・・・昨年、最終のOVA付漫画本を買いましたが、主人公の茂野五郎が左肩も壊してしまいバッターに転向するという大変時間が進んでしまった状態でした。

今回、購入したのは、放送が終了して~左肩を壊すまでの間の、一番面白そうなところです。

もし、見てない方がいらっしゃいましたら、BSで第一シリーズから放送していますので、お見逃しなく。

四万十川サイクリング

5月3日(木)8時に自宅まで師匠が迎えに来てくれて、師匠の車で出発。
今回師匠の車に乗るのは、KTさん、KNさん、師匠と僕の4人です。
姫路バイパス別所PAでMCさんご夫婦と9時に合流、四万十市への長いドライブの始まりです。
コースは山陽自動車道→瀬戸中央自動車道→高松自動車道→高知自動車道→R56号線の予定。高知自動車道の中土佐出口付近の一般道が大渋滞、裏道を駆使し17時30分に宿泊する四万十市の中村プリンスホテルに到着、18時に夕食を予約していた居酒屋「いなか」に行き、師匠の娘さん夫婦と合流、夕食を食べ、近くのコンビニで4日の朝食とするおにぎりを買い、21時頃ホテルに戻り、MCさんご夫婦のお部屋で飲みなおし。

4日(金)はホテルの駐車場6時30分に集合し、くろしお鉄道「中村駅」に行き、各々が輪行袋に自転車を入れました。
輪行袋収納状況

7時19分発、窪川行き普通列車は、1両で既に待ってくれています。
くろしお鉄道列車
なかなかカラフルな車両です。

みんなの自転車入り輪行袋を積むと、電車と同じくらいカラフルです。
カラフル輪行袋

途中、楽しそうな駅名があったので、パチリです。
楽しそうな駅名

窪川駅には8時20分に到着。
元気な間に、駅に止まっていたバスの前で集合写真です。
窪川駅前集合写真

松葉川温泉方面に、走り始めて15分くらいで、こんな素晴らしい風景と遭遇。
四万十川風景1
吹き流しのような物が風になびいていました。(風は南東の風のようです)
四万十川風景2

松葉川温泉から今度は西南方向へ向かいます。風は追い風で、快調に走っています。
後方から

沈下橋。兵庫県では見られない(多分)風景ですね。
四万十川風景3

これは別の沈下橋
四万十川風景4

この頃から、風が強烈な向い風になり、緩やかな下り坂でしたが、前に進まなくなりました。
12時頃、強風に逆らいながら、やっとの思いで到着した道の駅「四万十大正」で、昼食を摂りました。
僕は、寿司の詰め合わせ、焼き鳥、焼きそばとこのノンアルコールビールです。
ノンアルコールビール
この、道の駅の裏側には四万十川が流れています。
四万十川風景5

鯉のぼりの川渡しは、四万十町の有名なイベントのようです。
四万十川風景6

時間的に厳しくなっていく中、道の駅四万十とおわでしばらく休憩し(僕はソフトクリームを食べました)、その後は10km毎に10分の休憩ということにし、それぞれが10kmを必死に走りました。

この写真は四万十市まで30kmの休憩地点で写した写真です。
四万十川風景7
ここでも、アイスモナカを食べました。

ポタナビデータですが、直線になっているのは、電車に乗る前に電源をOn・Offして、電車から降りて電源を入れたために、ナビが勝手に直線を引いています。
残り15km地点で充電切れとなってしまい、最後まで記録がないのが残念です。
https://pioneer-bicycle.com/record/share/13082

窪川駅からホテルまでは、9時間半かかっていますが、ナビは9時間使えました。省エネモードだともう少し長く使えたのでしょうね。

サイコンで確認すると、走行時間5時間21分、距離114.75kmでした。

強風で時間が足りなくなりそうで、結構急いだ感じのサイクリングでしたが、前半のんびりと四万十川&沈下橋を見ることができ、四万十川を堪能することが出来楽しかった。

5月5日(土)朝8時にホテルを出発、15時に明石に帰ってきました。

四万十ポタ準備

いよいよ、明日から2泊3日の四万十ポタリングツアーです。

いろいろ準備が必要です。

まずはコースのおさらい。
四万十ポタ予定コース
4日の朝、7時の列車で中村から窪川(土佐くろしお鉄道中村線)まで輪行です。
窪川から、このコースの出発地点である日野地の松葉川温泉まで北西に走ります。この距離も合わせて、自転車での行程は120kmくらいでしょうか・・・。

列車での移動がありますので、輪行袋が必要です。
輪行バッグとエンド金具代用品
エンド金具がないので、前回の輪行予行ポタでも使用した代用品を使います。
輪行予行ポタの記事はこちら

天気予報だと4日の四万十市は晴れ時々曇り、最高気温25℃ということなので、半袖のジャージに七分丈のパンツ。
走り始めが少し早い時間なので、アームカバーを付けて走ります。
アンダーアーマーアームスリーブ

ポタナビの充電も完璧です。(画像は途中ですが・・・)
ポタナビ充電

記念撮影もしないといけませんよね。カメラとミニ三脚も持って行きます。
カメラとミニ三脚

宿泊は2泊共、中村プリンスホテルです。

歯ブラシやかみそりはあるでしょうが、念のために持って行きます。
エチケット用品

着替えもそこそこ必要ですね。
ヘルメットやシューズなんかもカバンに入れると、けっこうな荷物になってしまいました。
車を出すつもりでしたが、師匠の娘さん夫婦の都合で、師匠の車に乗せて頂くことになりました。
自転車4台に4人分の荷物、積めるのかなぁ。

行って来ました・・・初岩谷峠

今日は、世間の平日、僕は9連休の4日目。

珍しく、休みのはずの師匠からもお誘いがなく、朝から自転車の整備をしていましたが、メールを見ると、KTさんから、昨夜出したメールの返事が届いていました。
見土呂周回コースか、しあわせの村周回コースに行くことになり、車に自転車を積んでKTさん宅へ出発。
KTさん宅は、我が家から10分ほど西に走ったところ。

KTさんと合流し、話をしてると、行先が「岩谷峠」に変更になった。

岩谷峠の話は、師匠達からよく聞いているので、あまり走りたくないコースです。
箕谷側からだと、約3.9kmの上り坂が続きます。平均斜度は6.6%です。
仲間内では、速い人で17分そこそこだとのことです。ネットで調べると、10分44秒程で上る人がいるみたいです。
一緒に行ったKTさんは18分前後だそうです。

衝原湖の駐車場から自転車で出発。
峠の入り口で、メーターをリセットし時間を測ります。

走り始めて1分もしないうちに後悔が・・・
それでも、KTさんはどんどん上って行き、あっという間に50m程差がついてしまい、3~4分程で見えなくなってしまいました。

「情けないなー、俺」とか思いながら、必死でギアを替えたり、立漕ぎしたりして、ほぼ中間地点のトンネル手前まで来たところで、携帯が鳴り始めます。「KTさんか・・・、もう着いたのか・・・、会社からかー?」いろいろ考えましたが、出ると止まることになってしまうので、頂上まで待ってもらいことにして漕ぎ続けました。

トンネルを抜けて少し走ると、目の前にきつそうな坂が見えて来ました。
そこも何とかクリアし、最後まで上りきったところで時間を確認すると22分でした。
(ちなみにKTさんは19分だったそうです)

その後、淡河側に下って行き、道の駅淡河で軽めの食事を摂りました。僕はざるそばにしました。
道の駅淡河食べログ

食後に、トライした2台の自転車を記念撮影
岩谷トライの2台

その後、別の周回するコース走り駐車場まで戻りました。
25.65kmでしたが、結構大変なコースでした。

サイクルラボからの切り貼りです。
岩谷峠周回コース
プロフィール

むらぴー

Author:むらぴー
兵庫県在住
2010年2月 ANCHOR RFX8 Elite
2011年12月 DAHON Speed P8
長距離や坂道は苦手ですが、景色や人との「一漕一会」を大切にして、自転車に乗っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ